どちらの利用を選ぶべきか

消費者金融は早さに優れており、銀行は金利などの利用条件に優れているカードローンですが、どちらで借りるのが正解なのでしょうか。どちらも一長一短といえ、銀行での借り入れが利用できるのであれば契約後は銀行が有利になりますが、利用に至るまでには様々なハードルがあります。

 

特に問題となってくるのが銀行カードローンの審査基準で、銀行は借りるための条件が厳しくなっていることから申し込みを行っても審査に通らない、つまりお金が借りられないケースも多々あります。どれだけ条件が優れていても借りられないことには意味が無いので、自身の状況から借りられるカードローンを選ぶのが正解と言えるでしょう。

 

アルバイトやパートの方は、いくら金利が優れているとしてもメガバンクなどの大手銀行のカードローンは審査通過が難しいです。実際に保証会社が行う三井住友銀行カードローンの審査においても、安定した収入があればアルバイトなどの方でも申し込みができるとはしていますが、審査に通るかとなると話は別です。

 

その点、消費者金融であれば大手サービスでもアルバイトの方、パートの方でも申し込み後の審査通過も現実的であり、限度額はそこまで大きくならないとしてもk利入れが可能となることも少なくないのです。

 

お金が借りられないことには目的が達成できないカードローンにおいては、商品内容だけを見るのではなく利用のための条件、ハードルもしっかりと確認をしておかなければなりません。無駄な申し込みとしないためにも、自分に適する借り入れ先をよく見て選ぶようにしてください。